内金とは

購入代金を何度かに分けて支払う時に、売買代金や請負報酬などの一部を前払いされる金銭で、一般に「内金」または「内入れ金」という。
たとえば、取引する不動産に付いている抵当権を売主に抹消してもらうためなど、売主に契約履行の準備を促すために買主が協力するという意味で支払う場合が多い。
一般に内金が支払われれば履行の着手とみなされることもある。
引き渡しまでに支払う中間金などもこれに当たり、手付金とは必ずしも一致しない。
金額的に代金の4分の1から2分の1程度と大きくなるケースもある。

 

【手付金と内金の違い】

住宅などの不動産売買契約をする際に、みなさん手付金や内金というものを支払った事があると思います。
手付金と内金は先に支払うという点で非常に似ていますので混同しがちになります。

■手付金と内金
[手付金とは]
売買契約時に支払われる金銭で、以下の3つの性質があります。
①契約成立を証明する「証約手付」、
②買主が手付金を放棄し、売主が手付金を倍返しすることによって、契約を解除できる「解約手付」
③買主または売主が契約違反した場合に支払われる「違約手付」
手付金はおもに解約手付けとして解釈され、手付金を放棄することによって買主は契約解除をできますし、売り主は手付け金の倍額を買主に帰すことによって解除ができます。
[内金とは]
中間金とも呼ばれ手付金支払後、最終支払金(残金)の支払いまでの中間に支払われるもので、代金の一部にあたります。
内金はあくまでも売買代金の一部で、手付金のように放棄や倍返しによって契約を解約できるという法律的な意味をもっていません。

■手付金と内金の違い
契約書に一部お金の先渡しが定められる場合、これが手付金なのか内金なのかには、大きな違いがあります。
手付金の場合は,買主は手付金を放棄することにより,売主は手付金を倍返しすることにより契約を解除することが出来るようになります。
しかし内金の場合は、単なるお金の一部先渡しにすぎませんから、契約が守られなかったなどの理由がない限り、内金を放棄したり倍返しにより契約を解除することは出来ません。

■注意しましょう
手付金か内金かは、契約時の当事者の意思で区別することになる場合があります。
手付といったか、内金と言ったかが一応の基準になりますので契約の際はしっかりと確認しましょう。
しかし、名称だけで決まるものではなく、内金といっても手付金とみられる場合もあります。
契約する際には必ず、手付金が内金であるか、お互いに明確にしておくことが大切です。

あまり気になされない方も多いと思いますが、契約解除のことを考えると非常に重要になります。
また住宅などを購入する際は、手付金なのか内金なのかをしっかりと確かめるようにしましょう。