人妻店や不倫を謳う風俗店が多いけど、実際はどんなところ?

人妻

風俗のバイト・求人情報を探していると、頻繁に目にする「人妻店」や「不倫」などのちょっと怪しい表記。人妻じゃなきゃダメ?不倫するの?どんなお店で、どんなお仕事内容なのか、気になっている女性も少なくないのでは。

風俗の人妻店とは

職種は、デリヘルやホテヘルなどのヘルス。募集年齢が「20代後半から」や「30代以上」と設定されていることがほとんど。若専(20代前半の若い子専門)で働くのは年齢的に厳しい女性を対象にした専門店を人妻店と呼びます。また、一口に人妻店と言っても、若妻専門、お姉さん専門、人妻専門、熟女専門など、さまざまなコンセプトのヘルスが存在。お店によって募集年齢やサービス内容が異なります。

人妻ヘルスについて詳しく >>

人妻でなくても働ける人妻店

人妻店とはいえ、家庭を持つ奥様や専業主婦などの既婚女性ではなくても、求人応募できる場合がほとんど。大人の女性が持つ色気や包容力を売りにしているため30代以上の募集が多いですが、昨今では若妻専門店も増加中。「若妻」の定義に関してはお店によって異なりますが、20代前半から求人募集している場合もあるようです。「熟女」と名乗るお店で働く女性の年齢は、30代~40代が多い傾向。また、熟女店の中には60代、70代の女性専門店もあります。男性の好みって色々ですね・・・。

風俗の求人情報で見かける「不倫」とは

人妻店の求人募集に表記された「不倫」の文字。実際に不倫するわけではなく、不倫や浮気をしているような気分が味わえるコンセプト店です。会社や家庭で蓄積されたストレス解消、日常から解き放たれたい、スリルを楽しみたい、そんな男性に人気。また不倫人妻店に在籍する女性の中にも、夫婦生活や彼氏とマンネリ、刺激が欲しいなどの理由で働く主婦がいます。

人妻店で働くという選択肢

流行りの愛人契約や副業愛人もいいけれど、理想の相手を見つけるのは容易ではありません。また愛人ができたとしても、相手に家庭があれば、会いたいときに会うというわけにもいかないでしょう。人妻ヘルスに入店して、ストレス発散したいときに出勤する、稼ぎたいときに稼ぐというのも、一つの選択肢としてありかもしれません。現在在籍している風俗店で、「若い子ばかりに指名が入る」「待機室でお局扱いされる」などのお悩みがある女性にも、人妻店への移籍をおすすめします。
興味があるという方は、PITACO(ピタコ)に相談してみましょう。(文:芋山男爵夫人)

記事投稿日:2015.07.31

<< コラム一覧に戻る

今すぐ応募・お問い合わせ 安心の女性対応

[PR]

リフレのアルバイト急募!時給3000円以上 短時間で稼げる! シフト自由・日払い、学生さん・主婦さん大歓迎!

記事ランキング

  1. 女性が出稼ぎバイトで働くメリットとデメリットについて
  2. 住み込みリゾバと出稼ぎバイト、お給料や待遇を徹底比較!
  3. 本当にそのお店で良いの?失敗しないキャバクラ店の選び方

お仕事コラム一覧

年収1000万円可能!!
男性求人はコチラ